本当の癒しって?

レイキ・セラピーでは、セラピストがかざした手から発せられるエネルギーを受け止めることで、ご自身にとって本当に必要な癒しが行われます。「本当に」というのは、自覚できる痛みの真の原因が、その痛い部分にあるとは限らないからです。
分かりやすい例として、胃が痛いけれど、その痛みの原因は心に抱え込んだストレスだったということを例にとりましょう。
実証、科学に基づいた現代医学では、胃が痛い場合には胃薬が処方されます。胃薬は胃の痛みを抑え込みますからご本人は痛みを感じなくなり、胃痛は「治った」とみなされます。どの人の胃痛にも同じ胃薬が使え、どの人もほぼ同じように痛みを感じなくなります。また痛くなれば、また薬を飲んで痛みを抑えます。
しかし、レイキ・セラピーはアプローチが全く違います。胃が痛むという現象が引き起こしている原因に働きかけるからです。原因がなくなれば、その結果である現象も消えます。胃痛を理由にレイキ・セラピーを受けに来られた方が10人いたとしましょう。10人全ての方が同じ原因を抱えているわけではなく、質の悪い眠り、人間関係からくるストレス、胃痛があることで何かから逃れようという無意識が働いているなど、10人いれば10人それぞれの全く違った原因があるはず。ご自身が胃痛の本当の原因に心当たりがなくても、レイキのエネルギーはそれぞれの身体のそれぞれ必要な部分に流れて作用していきます。ですから、胃痛でレイキ・ヒーリングを受けた人の一人は頭部に何かを感じるかもしれませんし、他の一人は、腹部に温かさを感じるかもしれません。同じ症状で同じセラピーを受けても、人によって様々な異なった反応になるのです。極端な話、その痛みを残すことがご本人にとって最善な場合(これはセラピストが判断するのではなく、セラピーを受けられている方ご自身の潜在意識が判断します)には、表面的な痛みの改善は得られないことだってあるのです。痛みがあることでご本人に起こる気づきこそが、その方にとって最も必要な場合は、まず気づきのカギとなる部分にレイキは作用するからです。




モゼロで簡単にホームページを作る!

 .