レイキ・セラピーとは?

レイキ・セラピーとは、「レイキ」と呼ばれるエネルギーを使って、心身の不調を本来ある形に戻すきっかけのスイッチをオンにするセラピーです。

身体の調子が悪かったり、ストレスで苦しくなってしまったり、意味もなく不安で良く眠れなかったり、なんだかやる気が出なかったり。。。 これらの症状は私達が「本来あるべき」姿ではありません。

何かの原因で「本来あるべき」姿ではなくなってしまった身体や心があなたにSOSを出しているサインなのです。

どの川にも自浄作用がある様に、あなたの中にも自分自身で自分を良い方向に導く「自己回復力」が宿っています。

この「自己回復力」を活性化し、あなたを一番良い状態に導くのがレイキ・セラピーなのです。

レイキ・セラピーは日本生まれ

大正時代、京都の鞍馬山で禅の修行をした臼井甕男という人が、自らが使える様になった手当ての技術を他の人に伝えやすい形に整えたのが、現在のレイキの始まりです。「霊気」という命名は、当時「神聖な」という意味でよく使われていた「霊」という漢字(例えば、富士山を霊山というような感覚です)と、「気」に働きかける手当てであることから「気」という漢字を組み合わせたもの。同氏の死後、弟子達が霊気を広め、海軍でも手当て方法として用いられたりしましたが、敗戦とともに実証、科学に基づいた西洋医学が主流となり、当時の科学では解明不可能だった霊気は次第に忘れられていきました。しかし、ハワイから日本に病気治療に来て、霊気によって完治、自らも日本で霊気を学んだ高田はわよという人がハワイに霊気を持ち帰り、「霊気」は「REIKI」としてアメリカに伝播、その後世界各地に広まりました。そして、様々な考え方やテクニックが混在する「レイキ」として1980年代後半に日本に逆輸入される形で戻ってきたのです。現在では、精神向上と心身の癒しを目指す、日本の伝統的な「霊気」と、アメリカを中心に発達した治療を主眼においた「レイキ」の両方が存在しています。(レイキ庵水源では、この二つを組み合わせてセラピーをご提供しています。)

しかし、「霊気」という名前が生まれる以前の遥か古代より、洋の東西を問わず、人は痛いところがあると自然にそこに手を当てるということをしてきたはず。

転んで泣いている子供にお母さんが「よしよし」と手を当てている風景は世界共通のものですし、「元気を出して」とそっと背中に手を当てられたら、誰でもほんわかと感じるものです。

癒すこと、治療することを「手当て」と呼ぶのは、古来、手を当てること=癒し、治療だったから。

手から癒しのエネルギーが発せられることを人は本能的に知っていたし、私たち現在人も無意識のうちに知っているのです。


レイキ・セラピーの方法

レイキ・セラピーはいたってシンプル。

セラピールームに入ったら、携帯電話の電源をオフにして時計を外し、そのままゆったりと椅子に座って頂くだけです。(座るのが難しい場合には、寝た姿勢で行うこともあります。)当日は、体を締め付けない服装でおいで下さい。

セラピストがあなたに手をかざしていく間(身体から数センチ離れたところに手をかざすので、セラピストの手が直接触れることはありません)、あなたはのんびりとレイキ・セラピーを楽しむだけ。目は閉じても開いたままでも構いません。基本的には、静かな音楽を流しますが、静寂の中で受けたいというご希望があれば勿論それも可能です。

また、セラピーの前後にセラピストとお話をしたいと感じたら、お気軽にお話しください。必ずしも、どこが痛いか、どんな心配事があるのかなどをセラピストにお話しいただく必要はありません。なぜなら、レイキ・セラピーを通してあなた自身の自己回復力のスイッチが入ることで、あなたのことを一番よく分かっているあなた自身(あなたの潜在意識)が必要なところに必要なレイキ・エネルギーを活用してくれるからです。

レイキ・セラピーを受けるタイミング

レイキ・セラピーは、身体や心に問題を感じた時になるべく早く受けるのが望ましいです。症状が軽いうちであれば、少ない回数で改善が見込めるからです。例えば、「心配事があって眠れない」と感じた時は睡眠導入薬を飲む前にレイキ・セラピーを試してみる、なんだかネガティブになって落ち込んでしまうと感じた時は精神安定剤を飲む前にレイキ・セラピーを受けてみる、というようなことです。「おかしいな?」と感じたらレイキ・セラピーです。

レイキ・セラピーは、すでに医療機関で治療を受けられている症状の回復を助けるのにも役立ちます。道具や化学物質を一切使わないナチュラルなセラピーなので、どのような治療法とも安心して組み合わせられるのです。例えば、アメリカでは、癌治療とレイキ・テラピーが併用されたり、戦地に赴いた兵士たちのPTSD(心的外傷後ストレス障害)の治療にも併用されたりしています。レイキ・セラピーは、現代医療を否定するものではなく、それを補完するもの。両者を上手く併用、使い分けましょう。

レイキ・セラピーは、自覚症状のない不調の芽を摘み取る効果もあるので、予防的に受けられるのも大変賢いやり方です。定期的に受けることで、心身ともにコンスタントに良い状態を保つことができるのです。

また、いつも頑張っているご自分へのご褒美としてレイキ・セラピーを受けるのも良いでしょう。知らないうちに無理が祟っていた部分が癒され、ゆったりとリラックスできるのが実感頂けます。ハリウッド・セレブの中にもレイキ・セラピーを習慣にしている人たちがたくさんいます。アンジェリナ・ジョリー、ニコル・キッドマン、シャロン・ストーン、ユマ・サーマン、グウィネス・パウトロウ、ハル・ベリー、ナオミ・ワッツ、… などなど。超多忙にも関わらず美しくあり続ける彼女達が選ぶナチュラル・セラピー、それがレイキ・セラピーなのです。私生活のトラブルから激太りしてしまった歌姫クリスティーナ・アギレラが週3回のレイキ・セラピーでやる気をキープして大幅ダイエットに成功したのは有名な話。また、トップモデルのミランダ・カー、ファッションデザイナーのダナ・キャラン、英国王室のコーンウォール公爵夫人カミラなどもレイキ・セラピーの大ファンであることはよく知られています。

ご自身と大切なご家族の心身の健康を守るために、あなたもレイキ・セラピーをご活用ください。



モゼロで簡単にホームページを作る!

 .